対話型AI「ハル」

対話型AI「ハル」とは

実装機能
・顔認証で勤怠管理
勤怠管理を自動化。自己申告、紙媒体の曖昧さをシステムにすることで明確に。さらにデータベースに記録されているから紙媒体からのデータ入力時のミスも大幅改善。
・シームレスに会話
ご存知のSiri, Amazon Echoに継ぐのがこのハルさん。わからない単語を話しかけると意味を説明。母音に合わせて口パクもリアルに表現。まるで人間のように会話ができる!?
・感情も認識
ロボットは感情を理解できない??そんなことありません!話し相手の感情を認識することで、より人間に近い反応を実現。表情、文脈にあった会話をぜひハルさんと。
・顔認証
事前にあなたの顔と名前、生年月日などを登録すると、ハルさんの視界に写った時に認識。
・Wikipediaモード
Wikipediaに掲載されている語について質問すると概要と詳細な説明をテキスト表示、音声読み上げであなたに伝えます。
・FAQモード
ハルさんに予め出身地や誕生日、あなたの身の回りの情報を登録しておくことであなたのユーザーがいろんな質問をすることができます。
・モーションモード
対象の動き、モーションを学習することでいったいどういうものなのかを特定することができます。
・オウム返しモード
あなたが話しかけた言葉をそのまま返します。一人で寂しい時に活躍するでしょう。
・シーン推定
ハルさんが今置かれている状況を判断して、その場のシーンを推定します。そのシーンにあった対応が可能です。
・物体認識
ハルさんが目の当たりにしているシーンの中に映る、ペットボトルや椅子といった物体を特定することができます。
・感情認識
あなたの表情や話した言葉の文脈から今の感情を推定することができます。
・快、不快の判定
カメラに写った物見た目が「快」か「不快」かを判定してくれます。

開発中の機能

・ 音声合成モデルを新しいものに変更することで、よりなめらかな発声を実現する。
・ 脳科学から空気を読む機能を実装する。
・ 映像から危険が予測される行動を認識したら”やさしく” 警告し、注意を促してくれるようにする。