AIによる物体検出について説明します!

皆さん、「AI」という単語を耳にすることが最近増えてきたのではないかと思います。しかし、その仕組みについて知りたいと感じても、「私には難しそう...」と敬遠してしまっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、AIによる物体検出について、説明していきたいと思います!

概要

AIを構成する重要な要素として、ご存知の方もおられると思いますが、「CNN(畳み込みニューラルネットワーク)」というものがあります。

CNNは、ディープラーニングで用いられるネットワークの中で最も有名なもので、画像処理に対してとても有効に利用することができます。

物質検出は、このネットワークで学習を行うことで、画像の中から、物体の種類だけでなく、その位置・個数も特定できるようにする方法です。

物体の種類を分類するのは、画像分類でも行っていることですが、物体検出はそれに加えて

・物体領域の位置を絞り込む方法 ・認識対象以外の物体を排除する方法

というような手法を取り入れることで、対象物の位置・個数の検出を可能にしています。

よく用いられる場面として、顔の検出や歩行者の検出があります。

弊社での利用例

以下は弊社での利用例になります。

弊社ではこの技術を応用し、下記のような用途で用いています。 ・部品の誤欠品の検査 ・異常の検知

従来、人が目視で行ってきた部品の取付間違いや取付忘れ,異常品の検出を物体検出AIによって、自動かつ高速・高精度で行うことができます。