第20回「高度知的活動AIの世界」

[中国語の部屋]

カリフォルニア大学バークレー校元名誉教授の言語哲学者、ジョン・サールが、1989年、『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』誌の中で興味深い命題を提示しました。こちらはAI研究において非常に意義のある命題であったので、今でも私たちAI研究者が折に触れる内容となっています。その名も、「中国語の部屋」という議題です。

「デジタル・コンピューターは、記号を操作するデバイスであって、その意味や解釈については考慮しない。一方、人間は、至高するときには、それよりも遥かに多くの事を成す。人間の心には一般に、有意義な思考、感情、心的内容がある。形式的な記号それ自体は、決して心的内容とはなり得ない。なぜなら記号は、当然の事として、誰かシステムの外にいる者が意味を与える場合を除き、意味(あるいは解釈・語義)を持たないからだ。」

「これを理解するには、英語しか話せない人間が部屋に閉じ込められているところを想像すると良い。ここには1冊のルールブックがあり、コンピューター的なルールに従って、中国語の文字を処理するやり方が書いてある。原理上、その人物はチューリング・テストでは中国語を理解していると判断される。なぜなら、彼は中国語の質問に答えて、正確な中国語の文字を生成する事が出来るからだ。ところが、実際の彼はそうした文字の意味を全く知らず、中国語の単語をひとつも理解していない。しかし、もし彼が中国語を理解していないとする理由を、単に中国語を『理解する』為のコンピューター・プログラムを利用している為だとするなら、他のどんなデジタル・コンピューターもそれを理解していないという事になる。なぜなら、コンピューターが、プログラムを走らせる事のみによって、人間が持たないものを持つようになる事は無いからだ。」

少々気難しい表現が書かれていますが、要するに、ここではAIが「知性」を持てるかどうか、という疑問が呈されているのです。「完璧な中国語の手引き」に沿って、AIが指示の通りにテストの空欄を埋めていったら、そのテストは満点を取れるでしょう。しかし、テストが満点だからと言って、そのAIが知性を獲得していると表現するには、どうにも疑問があります。

近年、医師試験に合格するAIや、読経を行うAIなど、非常にユニークな「高度知的活動」を行うAIが登場してはいますが、それらも知性を獲得しているというより、ただ手順に沿って答えを判断しているだけに過ぎません。(私たちだって、広義で言えば、物理法則に従っているだけの知性なき機械だと言う事も出来ますが…そうして考えても、キリが無いですね。)

[感情という複雑な輝き]

色々な考え方や捉え方があると思いますが、弊社としては、AIの高度知的活動を無機質なものにしない為に必要な要素が、「感情的反応」という部分にあると考えています。そのような考えのもとで私たちが主力開発しているのが、音声感情解析機能を有した対話型AI、「HAL3(ハルさん)」です。HAL3は喜怒哀楽の感情を深層学習によって読み取り、空間・環境・対人関係に応じた適切な反応を返すシステムを組んでおります。ゆくゆくは、HAL3に「意識(感情反応による思考や意思選択)」を持たせたい。これが、私たちの未来へ向けた確たる展望なのです。詳しくはこちらをご覧ください。

「HAL3(ハルさん)」

また弊社の感情をコピーするAIについてはこちらからご覧ください。

Deep AI Copy

「科学における偉大な進歩は、新しい大胆不敵な想像力からもたらされる。」と、哲学者のデューイが述べています。さて、AIの「シンギュラリティー(技術特異点)」が、本当に2045年に到来するのか、どうか。弊社はその人類の挑戦の一翼を担う者として、今日も力強く前進を続けております。

お問い合わせはこちらからよろしくお願い致します。

ここまでご愛読いただきありがとうございました!

よろしければ弊社SNSもご覧ください!
Twitter https://twitter.com/CrystalmethodZ9
Facebook https://www.facebook.com/クリスタルメソッド株式会社-100971778872865/

PAGE TOP