シンギュラリティとは?起こしそうな分野やその影響を徹底解説!

シンギュラリティとは、AIが人間の知能を超えてしまう転換点のことを指します。現在AIの能力は、あらゆる分野で人間の知能を超えようとしています。今後シンギュラリティが起これば、より人間の生活が豊かになるかもしれません。そこで、今回はシンギュラリティを起こしそうな技術について注目してみましょう。
この記事では、シンギュラリティについて起こしそうな技術やその影響について解説いたします。

シンギュラリティとは

aiロボット

シンギュラリティとは、AI(人工知能)が人間の知能を超えてしまう転換点を表しています。1980年代からAIを研究している技術者の間から呼ばれており、近年のAI技術の発達により叫ばれている言葉です。

以前からAIは人間の知能を超えると予測されており、米国の発明家であるレイ・カーツワイル博士は「人工知能が人間の知能と融合する時点」と定義しています。またAIが人間の知能を超えると、それにより人間の生活に大きな変化が起きるという概念としても定義付けられています。

シンギュラリティが起こすメリット

aiと人間の協力画像

よく「AIが人間の知能を超える=悪」という一般論がありますが、シンギュラリティが起こった場合はどのようなメリットが享受できるでしょうか。現在予測されていることは以下の3点です。

  • ・データをもとに分析、予測
  • ・効率化
  • ・人為的なミスをなくす

人間以上の知能をAIが持つことによって人間の代わりに人間の行動や思考ができるため、一般的に、以下のような分野では活躍が期待されます。

  • ・マーケティング
  • ・金融
  • ・製造
  • ・ヘルプセンター

AIは統計されたデータや事実だけをもとに、分析やサービスを行うため、より業務の効率化を目指したり的確なサービスを行ったりすることが可能です。例えば、新規で出店したいときにAIがマーケティングを行えば人流や立地条件など様々な条件をこれまでの統計データに基づき分析できます。定量的なデータを用いることができるため、立案にも役立つことが期待されます。

このように「AIが人間の仕事を奪う」ではなく、今後はAIの分析したデータを活用して人間が判断するという構造が予測されています。現代のテクノロジーでは、まだAIが「判断する」ことはできないためこうした構造になっています。しかし広い範囲でシンギュラリティが起こる場合、人間とAIの存在意義は大きく変化する場合もあることを念頭に入れておく必要があるでしょう。

シンギュラリティを起こしそうな技術

今後、シンギュラリティを起こしそうな技術を紹介します。シンギュラリティを起こしそうな技術を知っておけば、今後のビジネスシーンや日常生活でも役立つかもしれません。

生きた皮膚を作成する技術

ロボットの皮膚の画像

AI技術の発展により、ロボットはあらゆる分野で活躍しています。ロボットは人間の生活に欠かせない存在になっており、製造業では今後も活躍を期待されているでしょう。

ただ課題として、ロボットが人間と協働する場合、人間やロボットを接触から守ることが挙げられています。機械であるロボットが人間と接触した場合、人間が重大な傷を負うことやロボット自身も壊れてしまう可能性が危惧されています。

そこでロボットにも人間と同様の皮膚を付ける技術が求められました。接触事故を大きく防ぎ、さらに自己修復機能でロボット自身の治癒力によって損壊を回避できる可能性が見出されたためです。東京大学大学院情報工学系研究科の竹内教授とそのチームがこの技術を追い求めており、現在では修復機能を備えた培養皮膚を持つロボットを作製することに成功しています。

もし、シンギュラリティが起これば培養皮膚だけでなく人間の脳のような素材を作製できるかもしれません。「ヒューマロイド」と呼ばれる、外見が人間と同じようなAIが誕生する日も近いでしょう。

聞こえた音を脳波から音で再現する技術

脳波の測定をされている男の画像
東京工業大学大学科学技術創成研究院の吉村准教授とそのチームは、頭皮で記録された脳波信号から音声を再構築する手法を開発しています。

この技術は、本人がどのように聞こえているか、音声を通じて第三者に伝えることができます。脳がどのように聴覚や音声・言語処理に関係しているかなど人体構造を紐解く鍵にもなる可能性があるでしょう。

この技術がシンギュラリティによって大きく発達すると、人間が考えていることを読み取る技術にも応用できるかもしれません。

人間の心を持つ技術

ソフトバンクのPapperの写真
東京大学大学院情報理工学系研究科の國吉教授は、「人間の心」をもった人工知能を開発する技術を開発しています。

AIは人間と同じように考えるのではなく「考える手法」が異なります。AIだけでは、あらかじめ準備できていない状況には対処することができません。そこで國吉教授は、人間と同じように考える手法を人間と同じように振舞えるようにする必要があると考えています。そのために400本ほどの筋肉と骨格を持った身体をシミュレーションし、研究を重ねています。

もしこの技術がシンギュラリティによって大幅に発達すると、人間と同じように考えることができるAIが誕生するかもしれません。あらかじめ準備していない状況でもAI自身がその状況を分析し、解決策を見出すことでさらにAIの知能が向上するでしょう。

このほかにもさまざまな技術や分野でシンギュラリティが起こる可能性を秘めています。シンギュラリティが起こることによってテクノロジーは大幅に高まると期待されています。興味がある分野にもシンギュラリティが起こるかどうか、より一層注目してみましょう。

シンギュラリティはいつ来る?

シンギュラリティが起きるまでの時間
それでは、シンギュラリティはいつ来るでしょうか。

米国の発明家であるレイ・カーツワイル博士によると、シンギュラリティが起こるのは2045年であると、著者である「The Singularity Is Near」の中で述べられています。

またイギリスの物理学者スティーブンホーキング氏は、「完全な人工知能の開発は、人類の終焉を意味するかもしれない」と危機感を募らせています。

いずれにせよ、シンギュラリティが起こる確率は高いとAI発明の第一人者が発言しているため、シンギュラリティは遠くない未来で起こると思っておいても良いでしょう。

【まとめ】シンギュラリティ

シンギュラリティと呼ばれる「AIが人間の知能を超える」特異点についてこの記事では紹介しました。

よく「AIが人間の仕事を奪う」と考えられますが、シンギュラリティが現実になったとしても人間にとって多くのメリットがあります。
マーケティングや製造など多くのビジネスシーンで活躍が期待され、より便利な文化を形成できるかもしれません。

AIの専門家はこのような未来はそう遠くないと示しています。そのため、近い将来シンギュラリティが起こることを前提に今の技術をより注視していくことが必要になるでしょう。

AIの発達は、人間にとって大きな変換点でもあります。そのため多くの科学者や技術者がシンギュラリティに向かって研究を重ねています。

その中でもクリスタルメソッド社では、心の研究開発を行っており、カウンセリングが出来るAIを研究しています。「カウンセリング対話エンジン』を搭載したAIが人間のカウンセリングを行うため、より最適な解決法が期待できます。もしシンギュラリティが起これば、人間のような培養皮膚を備えた、外見も人間のAIが親身に人間の悩みについて寄り添ってくれるでしょう。

[関連記事]
>> シンギュラリティとは?詳細に解説!

【一緒にシンギュラリティを超えていきませんか?採用情報】
弊社でシンギュラリティへ挑戦したい人は是非ご検討ください!
>>クリスタルメソッド株式会社 採用情報

弊社公式Twitter: https://twitter.com/CrystalmethodZ9
弊社公式Facebook: https://www.facebook.com/クリスタルメソッド株式会社-100971778872865/