シンギュラリティによる雇用の変化

シンギュラリティによって起きる雇用の変化について解説します!

シンギュラリティは2045年に到来すると言われています。

シンギュラリティの到来により特に大きく変わる、「雇用」について解説します!

シンギュラリティとは?

シンギュラリティにより失われる仕事

心配事で悩む日本人男性ビジネスマン
工場のように同じ作業を繰り返す組み立てロボットの活躍は言うまでもなく、サッカーやテニスの試合にビデオ判定が導入されたりしています。過去のデータと照会して判断する弁護士や気象予報士などもコンピュータが得意とする作業です。また、資料の整理やデータを使った計画なども人間よりもAIに分があるでしょう。シンギュラリティが起きるとこれらの仕事は一気にAIに置き換わると考えられます。

2014年にはイギリスのオックスフォード大学の准教授であるマイケル・A・オズボーン氏が発表した論文「雇用の未来ーコンピューター化によって仕事は失われるのか」内で、20年後には今ある仕事の47%はなくなるという結論が導き出されており警鐘を鳴らしています。

AIにより失われる可能性のある仕事

  • 飲食店の従業員
  • 販売員
  • 事務員
  • 倉庫管理者
  • 工場の組み立て作業者
  • 電話の窓口対応
  • スポーツの審判員
  • 弁護士
  • 気象予報士
  • 派遣員の単純作業

 

このようにAIに仕事が取って代わることによって、失職者の急増が予想されます。
AIの方が正確で速く、24時間稼働できコストも安いのであれば、ほとんどの企業がAIを導入するでしょう。
シンギュラリティが起きて、そうなった際に大量のリストラが発生することは容易に想像できます。
多数の人々が貧困に陥り、生活保護の対象となるでしょう。
また、シンギュラリティに近づくにつれて人工知能を開発・運用する集団とそれ以外の集団で極端な経済格差が生じると予測されています。
シンギュラリティ後の失業者に最低限の生活を保証するため、全国民を対象とした最低限所得保証であるベーシックインカムの導入も考えられます。さらに、コストの低下に伴い、激的なデフレも起こると予測されます。

シンギュラリティ後も必要とされる仕事

聴診器を当てる医者
失われる仕事がある一方、AIでは対応できない仕事もあるでしょう。感覚的なことや柔軟性が問われる仕事はAIにとって難しいと考えられます。

AIでは対応できないと考えられる仕事

  • 医者
  • 看護師
  • 保育士
  • 介護士
  • 心理学者
  • 画家
  • ミュージシャン
  • カメラマン
  • エンジニア

現時点で、AIでは対応できないと考えられている仕事は多くあります。
しかしAIが人間の知能を超えた時、つまりシンギュラリティが起きた後ではどうでしょう。
人間の知能以上ということは、人間ができる仕事はAIでもできるようになっていると考えることもできます。ですが、AIができる仕事だからといって全てAIに任せることが最善だとは限りません。
治療や手術はAIではなく人間にやって欲しいと思う人は絶対にいるはずです。また、「AIには負けてられない」と対抗心を燃やす人もいるでしょう。
なので感覚的なことや柔軟性が問われる仕事は、シンギュラリティ後も必要とされます。

シンギュラリティにより新しくできる仕事

暗闇の中で立ちはだかる男性
AIの発達により失われる仕事があるのなら、AIの発達により新しく必要とされる仕事もあると考えられます。

AIの発達により新しくできる仕事

・データ調査官
AIやIoT技術の発展により、我々が得られる情報量が今に比べ、非常に多くなっていきます。そんな大量の情報を解析し、まとめ上げるデータ調査官が必要となるでしょう。

・会話、散歩の相手
AIの発展、シンギュラリティの到来により、人間同士のコミュニケーションが少なくなると予想されます。そんな中、会話や散歩の相手をしてくれる「人」の需要は高くなります。

・人間とAIの協働責任者
AIと人間の共存する社会となると、2つをまとめる存在が必要となります。AI、人間にそれぞれ適切な指示を出し、効率良く社会をまとめる協働責任者が必要になります。

・AIビジネスマネージャー
AIによるビジネスが始まると、AIの開発会社では当然他社との競合になるでしょう。他社のAIに負けないようAIのマネジメントを行う仕事も重要となっていきます。

・量子機械学習アナリスト
量子コンピュータを用いた機械学習により、今まで解決できなかった課題を解決するため、支援を行うアナリストが必要となります。

・エッジコンピューティングの仕事
実際に使用する端末の近くにサーバーを置くことで、サーバーと端末との通信速度を上げる技術があります。AIにより大量のデータのやり取りをするようになれば、エッジコンピューティングの専門家が必要になるでしょう。

・AI支援医療技師
病院が少ない土地で、遠隔操作とAIの技術を使って診療を行う医師が現れるかもしれません。

・フィットネス・コミットメント・カウンセラー
AIによって管理された健康データをもとに、アドバイスなど話し合いを行い健康維持のサポートをしていく仕事が必要になります。

・サイバーシティー・アナリスト
AIによって作られた、サイバーシティーを維持するため、市民のデータを収集するセンサーなどが故障した際、現場に駆けつけ修理する人が必要になります。

この他にも、今では想像もできなかったような仕事ができるかもしれません。

シンギュラリティが起きることで、AIによって生まれた仕事がさらにAIがする、といったことももしかしたらあるでしょう。しかし「会話、散歩の相手」は人間にしかできない仕事ですし、AIによる仕事も最終的に責任を持つ人が必要です。

AIの発展により生まれる仕事が考えられると言っても、人間のする仕事の量は今より少なくなるでしょう。
そんな中、人々は娯楽を発展させていくのではないでしょうか。
Youtuberやプロゲーマといった、人を楽しませる職業は、AIの発展、シンギュラリティの到来により、多くなっていくと考えられます。

まとめ

ここでは、シンギュラリティによる雇用の変化について解説しました。
シンギュラリティの到来により、実際どのように社会が変わっていくのか楽しみですね。

雇用の変化以外にもシンギュラリティの到来によって変化することはあります。
シンギュラリティについてもっと知りたいいう方はこちらをご覧ください。

シンギュラリティ言葉の意味。2045年問題到来解説

またよろしければ弊社SNSもご覧ください!
Twitter https://twitter.com/CrystalmethodZ9
Facebook https://www.facebook.com/クリスタルメソッド株式会社-100971778872865/