シンギュラリティ言葉の意味。2045年問題到来解説

シンギュラリティトップ画像

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、AIが人類の知能を上回る転換点を指す言葉です。それでは、AIの能力が人間を超えシンギュラリティが起きた時、世界はどう変化し、生活にどのような影響が及ぶのでしょうか?

この記事では、シンギュラリティの言葉の意味や、そもそもシンギュラリティは起きるのかどうかについて、著名人の議論を交えながら解説していきます。

目次

  1. シンギュラリティ(技術的特異点)とは?
  2. シンギュラリティで何が変わる?
  3. シンギュラリティの歴史
  4. シンギュラリティはいつ起こる?【2045年問題】
  5. シンギュラリティに関する著名人の考え
  6. 現在の人工知能技術とシンギュラリティ
  7. シンギュラリティはありえない?来ない理由
  8. シンギュラリティという言葉の様々な使われ方
  9. まとめーシンギュラリティとどう向き合うか

シンギュラリティ(技術的特異点)とは?

変化へ向かうひとりの男性
シンギュラリティ(Singularity)は英語で「特異点」という意味です。IT業界では「技術的特異点」という意味で用いられています。

技術的特異点とは、AIが人類の知能を超える技術的特異点(転換点)という意味や、AIが人類の知能を上回った時期を指します。
シンギュラリティには他にも「AIがもたらす世界の変化を示す言葉未来学上の概念」という意味も含まれており、この言葉を有名にしたアメリカレイ・カーツワイル博士は、近い将来、AIが人間の頭脳を上回ると予想しています。

近年の技術革新のスピードは素晴らしいものです。この技術革新のスピードが今後、指数関数的に増加することを根拠として、シンギュラリティに到達すると考えられています。現時点ではシンギュラリティ(技術的特異点)はあくまで仮説とされていますが、いずれ訪れる可能性はとても高いでしょう。

シンギュラリティが起こると、AI自身でAIを開発できるようになり、ますます高性能になる一方で、人間をサポートするばかりか予想を遥かに超える出来事が起こるようになると危惧されています。

プレシンギュラリティの意味

また、シンギュラリティの前段階を指す、「プレシンギュラリティ(前特異点)」という言葉もあります。

これは、AIが人類の知能を完全に上回る前の、AIの進化によって社会生活に大きく変化が生じる時期を差します。

近年スーパーコンピュータなどのテクノロジーの著しい発展によって、プレシンギュラリティもいつ起こるか注目が集まっており、大体2030年ころではないかと言われています。

プレシンギュラリティが起こることでの影響としては、貨幣がなくなる、人間が働かなくてよくなる、戦争が起きなくなる、無料で生活必需品が提供されるなどが考えられています。

ではそのさらに先であるシンギュラリティではどのようなことが考えられるのでしょうか?

シンギュラリティで起こる変化は?

農園の労働者
AIが高性能になることについては良いことばかり考えてしまいがちですが、シンギュラリティが起こることについて科学者たちは何を危惧しているのでしょうか?

シンギュラリティは産業と雇用を一変させてしまうと言われています。また、シンギュラリティは私達の人間としてのあり方も大きく変えると予想されています。

シンギュラリティによる雇用の変化

シンギュラリティで特に大きく変わる点は、「雇用」であると考えられます。

工場のように同じ作業を繰り返す組み立てロボットの活躍は言うまでもなく、サッカーやテニスの試合にビデオ判定が導入されたりしています。過去のデータと照会して判断する弁護士や気象予報士などもコンピュータが得意とする作業です。また、資料の整理やデータを使った計画なども人間よりもAIに分があるでしょう。シンギュラリティが起きるとこれらの仕事は一気にAIに置き換わると考えられます。
一方、シンギュラリティ後はAIでは対応が出来ない感覚的なことや柔軟性が問われる仕事に、人間は注力すると考えられます。
2014年にはイギリスのオックスフォード大学の准教授であるマイケル・A・オズボーン氏が発表した論文「雇用の未来ーコンピューター化によって仕事は失われるのか」内で、20年後には今ある仕事の47%はなくなるという結論が導き出されており警鐘を鳴らしています。

AIに取って代わられる可能性のある仕事

  • 飲食店の従業員
  • 販売員
  • 事務員
  • 倉庫管理者
  • 工場の組み立て作業者
  • 電話の窓口対応
  • スポーツの審判員
  • 弁護士
  • 気象予報士
  • 派遣員の単純作業

AIでは対応できないと考えられる仕事

  • 医者
  • 看護師
  • 保育士
  • 介護士
  • 心理学者
  • 画家
  • ミュージシャン
  • カメラマン
  • エンジニア

このようにAIに仕事が取って代わることによって、失職者の急増が予想されます。
AIの方が正確で速く、24時間稼働できコストも安いのであれば、ほとんどの企業がAIを導入するでしょう。
シンギュラリティが起きて、そうなった際に大量のリストラが発生することは容易に想像できます。
多数の人々が貧困に陥り、生活保護の対象となるでしょう。
また、シンギュラリティに近づくにつれて人工知能を開発・運用する集団とそれ以外の集団で極端な経済格差が生じると予測されています。

シンギュラリティ後の失業者に最低限の生活を保証するため、全国民を対象とした最低限所得保証であるベーシックインカムの導入も考えられます。また、コストの低下に伴い、激的なデフレも起こると予測されます。

シンギュラリティによる「身体の拡張」

シンギュラリティは、人間に物質的な影響を与えるまでに至ると考えられています。それは、AIとテクノロジーを用いることによる身体の拡張です。
身体の拡張とは、人間の身体能力や知覚を強化することです。人とAIやテクノロジーが融合することで、運動神経、視覚の大幅な強化が期待されています。また、シンギュラリティ後は人間の意識をデータ化して脳の外部に保存したり、そのデータをAIがインストールする事ができるかもしれません。

こちらはシンギュラリティに関する著書で有名なレイ・カーツワイル氏のTEDトークです。身体の拡張について演説しています。

不老不死

シンギュラリティが到来すると同時に、人間の体の一部が人工的なものに置き換わるのではないかと言われています。人間の脳や臓器が人工物で代替されると、脳内がデジタル化されたり、臓器不全などによる病気がなくなったりすることで、不老不死の人間が出来るのではないかと言われています。既に医療では人口臓器や、人工関節が様々な箇所に使われているので、不老不死の人間が現れるのも夢のような話ではないのかもしれません。
シンギュラリティ後は、人間のあり方そのものが根本的に変化する可能性があります。

シンギュラリティによる様々なもののデジタル化

シンギュラリティでは、前に述べたように脳がデジタル化することが予想されますが、他にも様々なものがデジタル化されると考えられます。お金はもちろん、衣服や食までもがデジタルで消費されるように成るかもしれません。

さらにシンギュラリティの本質とも言える、「AIが人間の脳を超えてしまう」ことで、シンギュラリティ後人間が到底予測できない事態が発生した際に対応ができなくなってしまう可能性もあります。

人々に必要な意識

シンギュラリティ後にAIが仕事をしている様子
AIは毎日進歩しています。それでは、我々人間はシンギュラリティへどんな対策を取ればよいのでしょうか。

人間の強みである、発想力、想像力などを磨くことです。

シンギュラリティ後も活躍するためには、様々な経験をつんで、いろんな勉強をして、たくさんのことに興味をもつことが大切になってきます。たくさん本を読むことで、想像力や、様々な物事の捉え方を学ぶことができます。また機械は文章を分析したり、保存することがメインとなりますが、人間は本を読んで考えることができます。

そして、人間の強みである、自分の感情を表現したり、空気を読んだりする、対人能力を磨いてくことがシンギュラリティ後は大切となります。

人間は善悪を下すことにおいて、AIより優れています。AIは昔のデータを学びそこから結論を導き出します。人間は感情や、原因など様々な要素を機械的に判断せずに、人工知能とは違う方法で善悪を判断することができます。

AIが成長すれば、私たちの生活は便利になり、娯楽は増え、より充実したものになります。しかしその一方で、私達はシンギュラリティのメリットだけでなくデメリットにも向かい合っていかなければなりません。シンギュラリティが到来したときに、人間らしさを失わないように。

シンギュラリティの歴史

books-on-the-shelf

シンギュラリティという言葉はいつ現れ、いつ頃から一般に知られるようになったのでしょうか。シンギュラリティの言葉の歴史を見てみましょう。

シンギュラリティという概念の発想

AIの研究が始まったのは、第一次AIブームといわれる1950年代になります。
このとき、ジョン・フォン・ノイマンが技術的な文脈で「特異点」という言葉を初めて使ったとされており、内容をスタニスワフ・ウラムと言う人物が書き残しました。
内容は以下の通りになります。
「あるとき、進歩が速まる一方の技術と生活様式の変化が話題となり、どうも人類の歴史において何か本質的な特異点が近づきつつあって、それを越えた先では我々が知るような人間生活はもはや持続不可能になるのではないかという話になった。」

この時代に、決められたルールの下であればコンピュータは問題に対する回答を導き出せるようになりました。

続く第二次AIブームと呼ばれる1980年〜1990年代には特定の領域に置いて情報を詳細に導き出すことに成功しています。
AIの研究開発が盛んになり、高性能なコンピュータが次々と開発されていきました。

シンギュラリティ到来が現実味を帯びる

2006年から現在までを第三次AIブームと称し、特に代表的な進化として機械学習やディープラーニングの登場が挙げられます。
これまでは、人間が与えたルールをもとに問題を解決するだけでしたが、特に2012年以降は人間の脳を構成する神経細胞のネットワークを再現するニューラルネットワークを適用した「ディープラーニング」の爆発的な普及もあり、AIの能力は加速度的に成長していきました。

AIが自ら試行し解決策を見つけ成長する。これが、AIが注目されるようになった大きな理由といえます。この急速なAIの発展により、AIの能力が人間を超えるシンギュラリティが起きるのでは無いかという考えが広まりました。

シンギュラリティはいつ起こる?【2045年問題】

これまでシンギュラリティによって生活が大きく変わることを見てきました。では、シンギュラリティはいつ頃起きると考えられているのでしょうか。シンギュラリティという言葉を提唱したカーツワイル氏の予想を見てみましょう。

2045年問題

シンギュラリティという言葉を提唱したカーツワイツ氏は、2045年にシンギュラリティが起こると予測しました。
カールワイツ博士氏の著書に、"シンギュラリティは近い ―人類が生命を超越するとき"というものがあります。

ムーアの法則と収穫加速の法則に基づいて計算した結果、2029年には既にAIは人間の思考能力を遥かに上回るであろうと予測されています。
そしてその勢いのままAIが成長を続ければ、10万円で購入できる一般的なコンピュータが人間の脳の100億倍になるとして2045年にシンギュラリティが起こると予測しました。

これらの問題やシンギュラリティが起こす影響などを称して「2045年問題」ともいわれています。
<2045年以外の説>
2045年以外にも説があります。

スチュワート・アームストロング氏は2012年に開催されたシンギュラリティサミットの中で、シンギュラリティが実現するとされる年の中央値が2040年であると発表しました。

また、日本の天文学者である松田卓也や、日本の電子物理学者である斎藤元章は2030年にもシンギュラリティが到達するのではないかと予想されています。

ムーアの法則とは?

ムーアの法則とは、集積回路に使われるトランジスタの数が18ヶ月ごとに2倍に増えるという経験に基づく予測のことです。

インテル社の創業者である、ゴードン・ムーア氏が1965年に最初に論じた法則で、年々トランジスタの性能が向上するに連れて容量の大きなトランジスタが登場すると予想しました。
そしてつい最近まで、この予想の通りにトランジスタの集積度は倍に倍に増え、現在の集積度はこの法則が初めて言及された当時の1億倍以上になっているのです。

このハードウェアの発展によって、シンギュラリティの到来が現実味を帯びてきています。

収穫加速の法則とは?

収穫加速の法則とは、技術の発展や進歩に置いて、その性能が直線的ではなく指数関数的に向上する法則です。

新しい技術が開発されると、それらを応用しさらに技術の開発に利用されます。
するとこの開発の間隔は一定ではなく、指数関数的な速度で次の技術革命が起こるように加速していくという法則です。

人類史を振り返ると、

時期進歩
約20万年前ホモ・サピエンス誕生
約1万年前農業革命(土器の発明)
250年前工業革命(機械化、車の発明)
60年前AIの概念が発明
7年前AIが画像認識で人を超える
5年前AIがゲーム(碁)で人を超える

このように、明らかに進歩が加速していることが分かります。そのため、近い未来にシンギュラリティが訪れて世界が一変してしまうのでは、という懸念が生まれているのです。

シンギュラリティに関する著名人の考え

シンギュラリティについて、世界の研究者たちはどのような考えを持っているのでしょうか。シンギュラリティという言葉を有名にした著名人たちのシンギュラリティに対する考えを見てみましょう。

進化の6つのエポック(レイ・カーツワイル)

未来的光

未来学者であるレイ・カーツワイルは、宇宙における情報の進化は6つの段階を経るとし、進化の6つのエポックと名付けています。進化の6つのエポックにおいて、エポック5は技術的特異点のことを指しています。進化の6つのエポックは下記の通りです。

エポック到達点
1 物理と化学原子構造の情報
2 生物DNAの情報
3 脳ニューラル・パターンの情報
4 テクノロジーハードウェアとソフトウェアの設計情報
5 テクノロジーと人間の知能の融合生命のあり方(人間の知能も含む)が、人間の築いたテクノロジー(指数関数的に進化する)の基盤に統合される
6 宇宙が覚醒する宇宙の物質とエネルギーのパターンに、知能プロセスが充満する

この5の段階がシンギュラリティです。「進化は間接的に作用する。ある能力が生み出され、その能力を用いて次の段階(エポック)へと発展する」とカーツワイルは主張しました。

超人間的知性(ヴァーナー・ヴィンジ)

人工人間
ヴァーナー・ヴィンジは、考えられうる人類を超える知性を創造する方法として、以下の4つのポイントを挙げています。

◯超人間的知性を持ったAIの開発
◯巨大コンピュータネットワークの「目覚め」による超人間的知性の獲得
◯ブレイン・マシン・インタフェースによる人間の強化
◯バイオテクノロジーによる人間の生物的知性の増強

上記のもの以外に、向知性薬の利用、AIアシスタント、精神転送などが提案されています。
いずれかのものが実現することはシンギュラリティへの到達を意味します。この中で、一般に「超人間的知性を持ったAIの開発」が最も現実的だと考えられています。

シンギュラリティに対する意見

シンギュラリティへの意見(ヒューゴ)

オーストラリアの人工知能の研究者である、ヒューゴ・デ・ガリスは、今世紀後半に人工知能は、人類の一兆倍の一兆倍(10の24乗)の知能を持つ可能性があるとし、さらに人工知性の開発に成功すれば、人類の一兆倍の一兆倍の1兆倍(10の36乗)の能力を持つことになるとしています。

超人間的知性の中には、人類の生存や繁栄と共存できない目的を持つものも存在するのではないかと考えられています。知性の発達とともに人間にはない感覚、感情、感性が生まれる可能性もあり、ヒューゴ・デ・ガリスは、AIが人類を排除しようとするかもしれないとし、その時、人類はそれを止めるだけの力を持たないかもしれないと述べ、シンギュラリティについての懸念を示しています。

シンギュラリティへの意見(ポール)

アメリカ合衆国の未来予測学者で、弁護士、エッセイストである、ポール・サフォーは、AIは指数関数的に成長するものの、それは人間の能力を高める仕組みとして存在すると予測しており、シンギュラリティの実現が人類にプラスになると肯定しています。

シンギュラリティへの意見(ホーキンス)

ジェラルド・S・ホーキンスは、著書『宇宙へのマインドステップ』(白揚社、1988年2月。原著は1983年8月)の中で「マインドステップ」について言及しました。
彼は、マインドステップは、人類の新たな展望、ミームやコミュニケーションに関する発明と定義しました。そして、今後のマインドステップの発生時期を明らかにしました。次のマインドステップは2021年で、その後2つのマインドステップが2053年までに来ると推測をしました。

シンギュラリティへの意見(その他)

また、Singularity Salonというシンギュラリティを語る会があります。この会は日本の天文学者である松田卓也さんが、専門家と一般市民のシンギュラリティに対する意識を改革するという目的で設立しました。YouTubeで定期的に無料配信されています。

現在の人工知能技術とシンギュラリティ

シンギュラリティまでの道のり
今の人工知能の技術は?
シンギュラリティが起こると様々な影響が起きることは分かりました。では、今の技術のレベルはシンギュラリティが起きる技術レベルと比較していったいどれくらいなのでしょうか?シンギュラリティが起きうる水準まで今の人工知能は発達しているのでしょうか?最新の研究結果を紹介します。

脳型コンピューター

東北大学は2022年1月14日、同大学と英ケンブリッジ大の研究グループが、脳の神経回路を構成するシナプスの動作を模倣した「神経模倣素子」の応答速度が決まる要因を解明し、神経模倣動作をモデル化する方法を発見したと発表しました。
神経模倣素子の動作原理を解明し、脳型コンピューターへの応用に期待 東北大など研究グループ ーfabcross for エンジニア
これにより、脳の情報の処理の仕方を模倣した「脳型コンピューター」の研究が進むと考えられます。
従来のコンピューターでは、今後進むAIの性能向上による膨大な計算に耐えられず、シンギュラリティへのネックになると言われていますが、「脳型コンピューター」は従来のコンピューターより小型、低消費電力で稼働でき、シンギュラリティに近づく発見となるかもしれません。

量子コンピューター×人工知能

人工知能の性能を上げるためには、大量のデータを使って学習しなければならないため、高性能かつ省電力なコンピューターが必要となります。
量子コンピューターなら従来のコンピューターを遥かに上回る速度、規模で計算が可能になり、人工知能が急速に発展しシンギュラリティに近づくかもしれません。
日本政府は、2022年4月22日に「統合イノベーション戦略推進会議」を開き、今年度中に国産の量子コンピューターの初号機を整備するほか、大規模な災害が起きた際の電力や水道などのインフラへの被害をAIで予測し、対策につなげると発表しました。
政府 AIや量子技術に関する新戦略まとめる ーNHK NEWS WEB
今後、量子コンピューターと人工知能の研究がさらに加速する可能性があります。

量子コンピューター

2022年3月18日、大阪大学はNTTとの共同研究グループが、実用化のために必要な量子コンピューターの規模を、従来に比べ最大で 80%削減するハイブリッド量子誤り削減法を提案したと発表しました。
実用化に必要な誤り耐性量子コンピュータの規模を飛躍的に小さくする技術を開発  ー国立研究開発法人 科学技術振興機構
量子コンピューターの開発では量子ビットの高い誤り率が最大の課題であり、この課題を解決するため、量子誤り訂正と量子誤り抑制という、2つの誤り対策手法が独立して提案、研究されてきました。しかし前者は現存のものより遥かに大規模な量子コンピューターが必要、後者は小規模な量子コンピューターにしか適用できないという欠点がありました。
上記の研究ではこの2つの手法を組み合わせ、これにより従来の計算機よりも高速かつ正確に実用的な問題を解くために必要な量子コンピューターの規模が削減され、量子コンピューターの実用化が早期化されると期待されます。

シンギュラリティネット

SingularityNet(シンギュラリティネット)とは簡単に言うと、世界初のグローバルAIマーケットです。AIロボット・ソフィアの生みの親であるベン・ゲーツェル氏がCEO兼創設者を担っており、起業、組織、個人、AIエージェントがこの市場に参加して、AIのデータセットや、分析機能を売買できます。もともとAIは自社でゼロから開発する必要がありましたが、このシンギュラリティネットを使えばお金を払ってAIを買うことができます。このマーケットによってAIが大規模に協力して強調することができ、人工知能が人間を超えるシンギュラリティに近づく大きな踏み台になると言えるでしょう。

弊社の最新AI技術

弊社には高度な画像認識・音声認識技術があり、すでに製品化されているものもあります。その1つが、「DeepAICopy」です。
たった40分のビデオ撮影で本人のAIが作成できる「Deep AI Copy」
「DeepAICopy」はたった40分のビデオ撮影で本人の見た目・声、趣味、思考、知識、自己認識などをAIにインストールするサービスです。

「DeepAICopy」は人の声や表情、物に対しての快/不快などの感情を認識したり、周りからしてくる音や人々の話している内容、風景や人々の動作などの情報から、その文脈や関係・関連を踏まえて表情を変えたり発言したりすることができます。シンギュラリティで予想されているような、人間のように自律的に動くAIはこのような形になる可能性があります。

シンギュラリティはありえない?こない理由

宇宙に行くロボット
このシンギュラリティについて、実は学者の中でも「起こらない」という反対派の意見もあります。

「人工知能は人間ではないので、人間と同じようには考えない」
「ロボットには独立した目標および欲求がない」

ー スタンフォード大学の教授であるジェリー・カプラン氏より

 

そもそもシンギュラリティと関係した議論における『人間の脳を超える』という言明自体がうまく定義できていない

ー 日本の生命情報科学者の合原一幸の編著「人工知能はこうして創られる」より

他にも、

  • 2020年ごろにムーアの法則が限界を迎えると言われている
  • 技術的なブレイクスルーを果たすために必要になる新たな物理現象や新素材の発見には物理実験が必要であり、多大な費用と長い時間が必要になる
  • 人間の脳はアナログ処理とデジタル処理のハイブリッドで作動するため、フルデジタルを前提とするコンピューターでは極めて大規模な物理シュミレーションが必要で実用に耐えない
  • 人間により設計されたAIは他律システムであるため、未知の状況を前にしても自ら判断して行動することはできない

といった、「シンギュラリティは近い」という意見に対する反論があります。

技術が向上して人間の仕事を代わるようになっても、シンギュラリティで予想されているような、AIが自我を持って新たなAIを開発するなど、人間が考えられないような域に達することはなかなか難しいと考える人たちも多くいるようです。

アニメ、ゲームで登場するシンギュラリティ

波紋
シンギュラリティという言葉の広まりに伴って、アニメやゲームなど、様々な場面でで「シンギュラリティ」という言葉がよく使われるようになりました。このようにシンギュラリティという言葉が使われるようになってから登場したアニメキャラクターやゲームなどについて触れいていきます。

仮面ライダーゼロワン

「仮面ライダーゼロワン」にシンギュラリティという言葉が出てきます。「ヒューマギア」という人工知能搭載人型ロボットが登場するのですが、そのヒューマギアが自ら考え、自らの意思で行動するようになったとき、シンギュラリティに達したと表現され、さらに戦闘能力の高い個体へと進化します。このヒューマギアはまさに人間を凌駕した人口知能であり、作中でもこの個体に対する意見が登場人物ごとに割れているのも面白いです。人間に危害を加える恐れがあるととても危険視している人もいれば、ヒューマギアを一人の人間として扱い、意思決定を尊重する人もいて、実際の人間世界での人工知能という存在がそのまま作中に描かれています。
仮面ライダーゼロワン公式ホームページ
- 引用元 テレビ朝日公式ホームページ「仮面ライダーゼロワン」

機動戦士ガンダム

ロボットアニメ作品「機動戦士ガンダムNT」では、あるキャラクターが「現在の人類には扱いきれない」ものとして、「シンギュラリティ・ワン」と呼称される場面がありました。これも人智を超えた力を持つキャラクターで、作品内では危惧される存在として登場しています。
機動戦士ガンダムNT公式ホームページ
- 引用元 BS11公式ホームページ「機動戦士ガンダムNT」

にゃんこ大戦争

大人気携帯ゲームアプリ「にゃんこ大戦争」でもシンギュラリティという言葉が登場しています。ゲーム内のステージでレジェンドステージという大きなステージがあるのですが、そのなかで攻略難度の高いステージとして「シンギュラリティ村」が出てきます。ゲーム内ではこのように、人間の力を超えた神の世界レベルという意味合いでシンギュラリティが使われることが多いようです。
PONOS公式ホームページ「にゃんこ大戦争」から引用
- 引用元 PONOS公式ホームページ「にゃんこ大戦争」

その他のゲーム

ゲーム「ファイナルファンタジーXIV」でもシンギュラリティ・リアクターというエリアが登場していたり、SQUAREENIXが発売した、「シンギュラリティ」という商品名のサバイバルホラーゲームも登場しています。

「シンギュラリティ」の様々な使われ方

さらにレストランやホテル、また学問の領域名にもシンギュラリティという言葉が使われているので、一挙にご紹介します。

寿司屋

”食のデジタル化”を追求するOPEN MEALSが立ち上げた「SUSHI SINGULARITY」というプロジェクト。「超越寿司」を提供する「超未来すし屋」を東京に開店予定だそうです。来店者から予め採取しておいた唾液から、体質や不足栄養をデータ化して、利用者の健康状態に最適な食品を、複数の3Dプリンターやロボットアームなどで加工し、握りや軍艦といった定番のスタイルや球体、キューブ型などさまざまな形にデザインされた3Dプリント寿司を作っています。
寿司シンギュラリティ

ホテル

テーマパークUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の目の前に、「THE SINGULARI HOTEL&SKYSPA at Universal Studio Japan」というCANDEOHotelsが経営するUSJオフィシャルホテルがあります。ここでSINGULARIという名前が使われているのは、Singularityにもともと"唯一の"という意味があるため、唯一無二のホテルとして「THE SINGULARI HOTEL&SKYSPA」名付けられたようです。今回話題にしているシンギュラリティとは異なる由来ではありますが、人々によく知られている言葉としては間違のない言葉でしょう。4つ星ホテルとしても有名なホテルですので、ぜひご利用されてみては如何でしょうか。
ザシンギュラリホテル・公式ホームページ
THE SINGULARI HOTEL&SKYSPA at Universal Studio Japan
- 引用元 CANDEOHOTELS公式ホームページ「THE SINGULARI HOTEL&SKYSPA at Universal Studio Japan」

生物学でも

シンギュラリティ生物学」という領域が生物学の新学術領域として文部科学省から認定されました。シンギュラリティ現象と呼ばれる個体や臓器などの多細胞システムの形態が劇的に変化する生物学的現象があります。このシンギュラリティ現象の駆動力となる稀な細胞や、爆発的な生命システムの変化が生じる原理・法則などを解明するのがこのシンギュラリティ生物学の役割です。大阪大学産業科学研究所の永井健治氏が代表する領域で、平成30年度から4年間を対象に文部科学省から科学研究費助成事業として認定された学術領域となっていて、研究が続けられています。シンギュラリティ生物学
- 引用元 シンギュラリティ生物学公式ホームページ

まとめーシンギュラリティとどう向き合うか

ソフトバンクのPapper
ここまでシンギュラリティという言葉の意味と実際に起こった際の変化、シンギュラリティによる私たちの生活への影響について記述してきました。

先程も触れたように、研究者の間でも、「シンギュラリティが起こる」という意見と、「シンギュラリティはありえない」という意見に割れており、慎重に議論されています。

しかし、これまでAIの技術発展により私たちの生活は豊かになり、それに応じて社会や働き方が変化してきました。
もし仮に、シンギュラリティが避けられないのであれば、来る2045年に備えて知識を蓄えその時代に適応できる方法を模索しなくしなければなりません。

【はてなブックマークで共有】
この記事を気に入っていただけた方ははてなブックマークで共有をお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

【合わせて読みたい!】
>> ムーンショット計画とは?私たちの生活はどう変化する?

【一緒にシンギュラリティを超えていきませんか?採用情報】
弊社でシンギュラリティへ挑戦したい人は是非ご検討ください!
>>クリスタルメソッド株式会社 採用情報

弊社公式Twitter: https://twitter.com/YCrystalmethod
弊社公式Facebook: https://www.facebook.com/クリスタルメソッド株式会社-100971778872865/