AIアバター付き自動読み上げ動画作成ソフトDeepMovieCreatorの使い方を解説します!

DeepMovieCreator
「DeepMovieCreator」は、AIアバターの付いた字幕付き読み上げ動画を、『自動で』生成してくれるサービスです。

Youtube等動画視聴サイトで並べられたサムネイルを見ていると、ニュースやエンタメの機械音声による読み上げ動画はよく目にしますよね。

読み上げ動画は、自分の声を録音するか専用ソフトに文章を読み込ませることで喋り声を出力し、編集ソフトにより字幕等と組み合わせて作られます。あらゆる内容において使えたり、編集の負担が一般的な動画と比べて少なかったり、そして内容が良ければしっかり再生数も取れる読み上げ動画は、Youtube全盛の昨今注目を集めています。

しかし、全くの初心者が読み上げ動画を作成しようとすると、編集ソフトの使い方を一から学ばなければいけなかったり、そもそも編集に相当な時間が必要になってしまうこともあり、非常に骨の折れる作業になってしまいます。

そこで、「DeepMovieCreator」を使うと、タイトルと本文を入力するだけで、数秒から数分でAIアバターや字幕、読み上げ音声のついた編集済み動画を生成することが可能です。

この記事では、そんなDeepMovieCreatorの使い方や応用例について解説します。

目次

  1. 1. DeepMovieCreatorで出来ること
  2. 2. DeepMovieCreatorの使用方法
  3. 3. DeepMovieCreatorの応用例

AIがテキストの内容から自然なイントネーションを推測して読み上げるため、一般的な読み上げソフトよりも聞き取りやすい音声が生成できます。
さらに、発音に対応した口形や表情も同時に動画として合成するので、視覚的にも聴覚的にもリアルな読み上げが実現します。
テキストも字幕表記として、動画上に表現されます。また、文章ごとにAIがふさわしい背景についてもインターネット上から取得します。

以下がDeep Movie Creatorによって作成された動画のサンプルです。

活用方法

■ 動画配信チャンネルの運営
アイドルや有名人の動画運営の自動化が可能となります。

■ ウェブニュース記事の読み上げ
テレビの放送休止時間においてもニュース画面を放映することができます。

■ プレゼンテーション動画の作成
テキストを入力するだけで臨場感のあるプレゼンテーション動画を作成することができます。

■ 聴覚/視覚障害を持つ方への情報保障
字幕や読み上げ機能により、スムーズな情報共有を実現します。

 

自分のスタイルに合う動画編集アプリを選ぼう

一言で動画編集アプリといっても、パソコン版にスマホ版と種類があります。
初心者のうちはとにかく気軽に触ることができるということも重要な要素ですから、
「ちゃんと作業をするための時間をガッツリとることができるのか」というところも含め、自分なりのスタイルを確立させていきましょう。

後半で紹介した「Deep Movie Creator」に関してはAIの力を借りることもできるので、必要に応じて色々な機能を使用していけたらいいですね。

お問い合わせ

DeepMovieCreatorをご利用になりたい方は、こちらのお問い合わせからご連絡ください。
利用方法、料金説明などをご確認頂けます。
お問い合わせ

DeepMovieCreatorを使うメリットやデメリットを解説

最近ではYouTubeだけでなく、YouTube shortやTikTokなど、短い尺の動画をメインとした媒体も多くなっています。
そんななか、趣味や副業など色々な事情で、「動画編集をやってみようかな」と考えている方も多いのではないでしょうか?

このページでは、「動画編集初心者の方向け」にぴったりな、クリスタルメソッドの動画編集アプリ、
DeepMovieCreatorをご紹介します。
詳しい製品情報に加え、使用方法や活用法、動画編集をすることのメリットをまとめていきます。

動画編集をするだけで動画の印象が変わる!

一度考えてみてほしいのですが、全く同じ内容の動画だとして、
・全く編集がされていない動画
・少しでもカットやテロップ(字幕)などの編集がされている動画
の2パターンがあったとすると、どちらが視聴者は見やすいでしょうか。もちろん後者の「少しでも編集がされている動画」ですよね。

要らない部分のカットやテロップなどが追加されていれば、それだけ視聴者に必要な情報が厳選されているということですから、視聴者は見やすくなります。
また効果音やBGMが使用されていると、より直感的に楽しめるようになるでしょう。
テレビ番組などを見ても分かるように、少しでも動画は編集をされていた方が見やすいと思われるのです。

動画編集初心者必見!動画編集アプリのメリットとは

さて、ここからはより具体的に動画編集をすることのメリットを見ていきます。
特に初心者の方に分かっていてほしい基本的なところを重点的に紹介していきますので、ぜひ参考に。スマホ版とパソコン版、それぞれに分けて見ていきましょう。

動画編集のメリット【パソコン版】

まずはパソコン版の動画編集アプリからメリットを解説。ガッツリ編集をしたいという方はパソコン版のほうがおすすめですね。

メリット① 編集作業が軽快
これはスマホ版の動画編集アプリと比較して、ということになりますが、やはりパソコン版のほうが編集をしているときの動作が軽快になる傾向にあります。
理由はハードの容量にあり、単純にスマホよりもパソコンのほうが容量が大きいからということになります。
やはり長い時間の作業をするわけですから、動画編集アプリの機能も大事ではあるものの、そもそも動作が軽快でないとストレスになるでしょう。
そのためパソコンで編集をする際の「動作が軽快」という部分は大きなメリットだと言えます。

メリット② 細やかな編集をしやすい
これはスマホ版の動画編集アプリと比較して、ということになりますが、やはりパソコン版のほうが編集をしているときの動作が軽快になる傾向にあります。
理由はハードの容量にあり、単純にスマホよりもパソコンのほうが容量が大きいからということになります。
やはり長い時間の作業をするわけですから、動画編集アプリの機能も大事ではあるものの、そもそも動作が軽快でないとストレスになるでしょう。
そのためパソコンで編集をする際の「動作が軽快」という部分は大きなメリットだと言えます。

動画編集のメリット【スマホ版】

ここからはスマホ版の動画編集アプリについて、メリットを解説していきます。スマホ版はスマホ版なりにパソコン版にはないメリットがありますので、こちらも最後までご覧ください。

メリット① どこにいても編集ができる
スマホ版の最大のメリットといっても過言ではないでしょう、スマホ版はどこでも編集作業ができます。
パソコン版であれば自宅が主な作業場になるかと思いますし、もし外で作業をするとなればノートパソコンを持ち歩かなければならないため、面倒になります。
その点、スマホ版での編集であれば、仕事の空いた時間や友人と待ち合わせをしている時間、カフェにふらっと立ち寄ったときなど、ほんのちょっとした時間を編集作業の時間にあてることが出来るようになるわけです。

メリット② 素材の取り込みの手間が省ける
そもそも動画に使用する素材をスマホで撮影しているという方も多いでしょうから、スマホに入っている素材をそのまま編集に使用することができるわけです。
もしも専用のカメラを使用しているということであれば別の話ですが、スマホで撮影をした素材を使用するという場合には、これも大きなメリットとなりますね。
それにYouTubeやSNSにアップするための動画を制作しているということであれば、スマホ一台で「素材づくり→編集→アップ」の工程が済むわけなので、とても魅力的ですよね。

DeepMovieCreatorで出来ること

ここまで、動画編集アプリのメリットを解説してきましたが、そもそも「どのアプリを使おうかまだ決めていない」という方もいるでしょう。ということで、ここで「Deep Movie Creator」というアプリを紹介。
実はこのアプリ、AIにお任せすることで動画を作ってくれるという機能があるのです。

DeepMovieCreatorがどんな機能を持つ動画生成ソフトなのか1つずつ紹介していきます。

自動音声生成

自動音声生成
まず、基本的な読み上げソフトの機能である「読み上げ音声の生成」を行うことが可能です。一般的な文章から専門的な文章まで、例えば「Python(パイソン、プログラミング言語名)」や「Mecab(メカブ、形態素解析システム名)」等固有名詞も正しい読みを当てて自社開発のAIが与えられた文章をスラスラと発音します。

また、ただ与えられた文章を読み上げるだけでは一般的な読み上げソフトと同じですが、「DeepMovieCreator」には以下のような特長が備わっています。

自動翻訳機能

「DeepMovieCreator」は、日本語だけでなく、「英語」「中国語」に完全対応しています。入力された文章が日本語であろうと、英語であろうと、そして中国語であろうと、出力文章は日本語、英語、中国語の3種類を選ぶことが可能です。

英語は世界共通語、中国語は世界で最も使用人口(母国語人口)の多い言語で、Youtube等動画市場もそれだけ巨大です。特に英語話者・中国語話者にも関係のあるような内容と「DeepMovieCreator」を組み合わせて使用して動画を生成することで、より大きい市場に対するアプローチをすることが可能になります。

読み手選択機能

「DeepMovieCreator」では、現在2つの読み上げ者(「Kiriyama」or「HAL」)に文章を読んでもらうことが可能です。気分や動画内容に合わせて、動画にアクセントをつけることが可能です。

AIアバター自動生成

「DeepMovieCreator」は、動画生成の際に読み上げ音声だけでなく、その文章を読み上げるAIアバターを生成します。
AIアバター
以上はDeepMovieCreatorにより制作した動画のスクリーンショットになります。左のように、ほぼ現実の人間そのままのアバターを、ディープフェイク技術により生成します。文章が流れている間は口を動かして、実際に喋っているように身振り手振りを交えています。

ディープフェイク技術については以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

[関連記事]
>> ディープフェイクとは?実例を含めて分かりやすく解説!

現時点で選べるアバターは「kiriyama」のみですが、相談をして下されば例えば相談主にほぼ近い顔などご要望のアバターを生成することができます。

ご要望がございましたら、こちらのお問い合わせからご連絡ください。
お問い合わせ

字幕自動生成

DeepMovieCreatorスクリーンショット
DeepMovieCreatorでは、画像のように字幕を自動で生成してくれる機能が存在します。テキストデータを元にして字幕を生成しているため、字幕が間違えている心配をする必要はありません。また、文節をどこで切るかも自動でおこなうため、動画編集をする際の字幕を合わせる必要もありません。

読み上げ動画は字幕がないととても視聴しづらく、Youtubeの自動字幕生成機能も精度は低いので、この機能により実質必須であった編集の労力をゼロにすることが可能です。

背景自動生成・編集

一般的に読み上げ動画の編集を行う際には、合成音声の導入と字幕編集と、そして残りは「背景(余白)」の編集が必要になりますが、「DeepMovieCreator」では背景も動画生成の際に合わせて生成してくれます。「字幕自動生成」の説明の際に扱った動画のスクリーンショットに写っている背景もこの手法で貼り付けられたものですが、AIが受け取った文章を読み取り、その文章にマッチする画像をネット上から探し出して貼り付ける、といった具合です。また、この背景機能に関しては自分で編集できるようにすることも可能です。後ほど説明する使い方の章を参照ください。

DeepMovieCreatorの使い方

具体的なDeepMovieCreatorの使用方法について説明します。

DeepMovieCreator使い方

以上がDeepMovieCreatorの操作画面です。番号順に解説していきます。

0. 背景自動生成選択

最初に「背景を自動で生成してもらい、生成された動画はmp4ファイルでダウンロードする」手法をとるか、「背景を後から編集出来るように、jsonファイルを自分でアップロードしたzipフォルダに格納する」手法を取るか2パターンを選ぶことが可能です。ダウンロードした動画を編集する予定があるかどうかでどちらか判断すると良いかと思います。

1.~4. タイトル・本文入力、読み上げ者・言語選択

順に入力していって下さい。タイトル・本文は手打ちでも良いですが、コピペも可能です。言語は先程説明した3*3の9通りの選択肢が羅列してあるので、そこからお選び下さい。

5.6. 動画生成・DL

4まで入力し終わったら、5番の生成ボタンをクリックして下さい。早ければ数秒、長い文章だと数分かかる場合がありますが、その時間待つと動画が完成します。同じ画面で動画をプレビューできますので、確認して大丈夫なら6番のダウンロードボタンをクリックし、動画ファイルをダウンロードして下さい。

特徴

AIがテキストの内容から自然なイントネーションを推測して読み上げるため、一般的な読み上げソフトよりも聞き取りやすい音声が生成できます。
さらに、発音に対応した口形や表情も同時に動画として合成するので、視覚的にも聴覚的にもリアルな読み上げが実現します。
テキストも字幕表記として、動画上に表現されます。また、文章ごとにAIがふさわしい背景についてもインターネット上から取得します。

以下がDeep Movie Creatorによって作成された動画のサンプルです。

活用方法

■ 動画配信チャンネルの運営
アイドルや有名人の動画運営の自動化が可能となります。

■ ウェブニュース記事の読み上げ
テレビの放送休止時間においてもニュース画面を放映することができます。

■ プレゼンテーション動画の作成
テキストを入力するだけで臨場感のあるプレゼンテーション動画を作成することができます。

■ 聴覚/視覚障害を持つ方への情報保障
字幕や読み上げ機能により、スムーズな情報共有を実現します。

 

自分のスタイルに合う動画編集アプリを選ぼう

一言で動画編集アプリといっても、パソコン版にスマホ版と種類があります。
初心者のうちはとにかく気軽に触ることができるということも重要な要素ですから、
「ちゃんと作業をするための時間をガッツリとることができるのか」というところも含め、自分なりのスタイルを確立させていきましょう。

後半で紹介した「Deep Movie Creator」に関してはAIの力を借りることもできるので、必要に応じて色々な機能を使用していけたらいいですね。

お問い合わせ

DeepMovieCreatorをご利用になりたい方は、こちらのお問い合わせからご連絡ください。
利用方法、料金説明などをご確認頂けます。
お問い合わせ

DeepMovieCreatorで出来ること

この章では、DeepMovieCreatorがどんな機能を持つ動画生成ソフトなのか1つずつ紹介していきます。

自動音声生成

自動音声生成
まず、基本的な読み上げソフトの機能である「読み上げ音声の生成」を行うことが可能です。一般的な文章から専門的な文章まで、例えば「Python(パイソン、プログラミング言語名)」や「Mecab(メカブ、形態素解析システム名)」等固有名詞も正しい読みを当てて自社開発のAIが与えられた文章をスラスラと発音します。

また、ただ与えられた文章を読み上げるだけでは一般的な読み上げソフトと同じですが、「DeepMovieCreator」には以下のような特長が備わっています。

自動翻訳機能

「DeepMovieCreator」は、日本語だけでなく、「英語」「中国語」に完全対応しています。入力された文章が日本語であろうと、英語であろうと、そして中国語であろうと、出力文章は日本語、英語、中国語の3種類を選ぶことが可能です。

英語は世界共通語、中国語は世界で最も使用人口(母国語人口)の多い言語で、Youtube等動画市場もそれだけ巨大です。特に英語話者・中国語話者にも関係のあるような内容と「DeepMovieCreator」を組み合わせて使用して動画を生成することで、より大きい市場に対するアプローチをすることが可能になります。

読み手選択機能

「DeepMovieCreator」では、現在2つの読み上げ者(「Kiriyama」or「HAL」)に文章を読んでもらうことが可能です。気分や動画内容に合わせて、動画にアクセントをつけることが可能です。

AIアバター自動生成

「DeepMovieCreator」は、動画生成の際に読み上げ音声だけでなく、その文章を読み上げるAIアバターを生成します。
AIアバター
以上はDeepMovieCreatorにより制作した動画のスクリーンショットになります。左のように、ほぼ現実の人間そのままのアバターを、ディープフェイク技術により生成します。文章が流れている間は口を動かして、実際に喋っているように身振り手振りを交えています。

ディープフェイク技術については以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

[関連記事]
>> ディープフェイクとは?実例を含めて分かりやすく解説!

現時点で選べるアバターは「kiriyama」のみですが、相談をして下されば例えば相談主にほぼ近い顔などご要望のアバターを生成することができます。

ご要望がございましたら、こちらのお問い合わせからご連絡ください。
お問い合わせ

字幕自動生成

DeepMovieCreatorスクリーンショット
DeepMovieCreatorでは、画像のように字幕を自動で生成してくれる機能が存在します。テキストデータを元にして字幕を生成しているため、字幕が間違えている心配をする必要はありません。また、文節をどこで切るかも自動でおこなうため、動画編集をする際の字幕を合わせる必要もありません。

読み上げ動画は字幕がないととても視聴しづらく、Youtubeの自動字幕生成機能も精度は低いので、この機能により実質必須であった編集の労力をゼロにすることが可能です。

自分好みのアバター作成

背景自動生成・編集

一般的に読み上げ動画の編集を行う際には、合成音声の導入と字幕編集と、そして残りは「背景(余白)」の編集が必要になりますが、「DeepMovieCreator」では背景も動画生成の際に合わせて生成してくれます。「字幕自動生成」の説明の際に扱った動画のスクリーンショットに写っている背景もこの手法で貼り付けられたものですが、AIが受け取った文章を読み取り、その文章にマッチする画像をネット上から探し出して貼り付ける、といった具合です。また、この背景機能に関しては自分で編集できるようにすることも可能です。後ほど説明する使い方の章を参照ください。

DeepMovieCreatorの使い方

具体的なDeepMovieCreatorの使用方法について説明します。

DeepMovieCreator使い方

以上がDeepMovieCreatorの操作画面です。番号順に解説していきます。

0. 背景自動生成選択

最初に「背景を自動で生成してもらい、生成された動画はmp4ファイルでダウンロードする」手法をとるか、「背景を後から編集出来るように、jsonファイルを自分でアップロードしたzipフォルダに格納する」手法を取るか2パターンを選ぶことが可能です。ダウンロードした動画を編集する予定があるかどうかでどちらか判断すると良いかと思います。

1.~4. タイトル・本文入力、読み上げ者・言語選択

順に入力していって下さい。タイトル・本文は手打ちでも良いですが、コピペも可能です。言語は先程説明した3*3の9通りの選択肢が羅列してあるので、そこからお選び下さい。

5.6. 動画生成・DL

4まで入力し終わったら、5番の生成ボタンをクリックして下さい。早ければ数秒、長い文章だと数分かかる場合がありますが、その時間待つと動画が完成します。同じ画面で動画をプレビューできますので、確認して大丈夫なら6番のダウンロードボタンをクリックし、動画ファイルをダウンロードして下さい。

DeepMovieCreatorの応用例

動画配信チャンネルの運営

例えばきぎょうこ
アイドルや有名人の動画運営の自動化が可能となります。

ウェブニュース記事の読み上げ

テレビの放送休止時間においてもニュース画面を放映することができます。

プレゼンテーション動画の作成

テキストを入力するだけで臨場感のあるプレゼンテーション動画を作成することができます。

聴覚/視覚障害を持つ方への情報保障

字幕や読み上げ機能により、スムーズな情報共有を実現します。

PAGE TOP

AI活用事例の
資料ダウンロード