DXコンサルティングとは?ビジネスにおける必要性をご紹介

DXコンサルティングとは具体的にどのようなコンサルティングなのか?
経済産業省を中心として、日本企業に推奨されているDXの導入。レガシーシステムによる、変化する市場への対応力の低下を防ぎ、海外企業に負けない競争力を獲得するために必要とされるDXですが、しかし自社で導入するにはさまざまな課題があります。

そこで登場するのがDXコンサルティングですが、具体的にどの様な場面でDXコンサルティングは必要となるのでしょうか。今回は、DXの意味について踏まえながら、DXコンサルティングの必要となる場面・選び方についてご紹介していきます。

目次

  1. 1. DXコンサルティングとは
  2. 2. DXコンサルティング必要な場面
  3. 3. DXコンサルティングの選び方
  4. 4. まとめ

DXコンサルティングとは

businessの文字
DXコンサルティングとは、企業がDXを導入したい時に、その支援を行うサービスのことを指します。

しかし、その前にそもそもDXとは具体的にどう言ったものを指すのでしょうか。そして、自社でDXを導入する時に、何が障害となるのでしょうか。まずはその点から明確にしていきます。

DXとは

DXとは、デジタル技術を業務の一部にのみ取り入れるのではなく、業務全体に取り入れること。業務の効率化・労働力不足の解消・顧客体験の向上などを可能にし、変化する市場への対応力を獲得することが目的となります。

現代は多様化したニーズにより、以前に比べて市場を把握することが難しく、データによる分析も人手では困難になりつつあります。そこで、AIやクラウドサービス・遠隔操作などのデジタル技術を取り入れることで、業務の効率を改善しながら、新たなサービスの提供が可能になります。

DXについて詳しく知りたい方は以下のサイトをご覧ください。
DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?定義や意味を解説!

DX導入の課題

2025年の崖に向けて、経済産業省によりDXの導入が推奨されていますが、海外諸国に比べて日本企業のDX導入率が遅れ気味にあります。その原因として、DXへの理解不足・DX人材の不足などが挙げられます。

DXはIT化と異なり、組織全体に取り入れることになるため、どの様にDXを導入すれば良いのか、DXを導入することでどの様に問題を解決したいのか、そしてDXを導入した先のビジョンを明確に持つ必要があります。しかし、DXへの理解不足により、それらを明確にできない企業が多く存在します。加えて、導入したDXを適切に活用するためには、DXに対する知識やスキルを持った人材が必要になります。しかし、そう言った人材は貴重であり、社内教育もDX人材の獲得も難しいのが現状です。

DXコンサルティングが必要な場面

大量のメモと女性

DXが指す本質とDXを導入する際の課題を踏まえた上で、自社でDXを導入できない場合に手助けを行うのがDXコンサルティングですが、具体的にはどの様な場面で必要になるのでしょうか。そのサービス内容について触れながら、紹介していきます。

DXに対するビジョンが明確でない場合

日本企業がDXを推進できない理由の一つとして、DX人材の不足を上げましたが、自社でその課題を解決するのは時間的にもコスト的にも、非常に難しい事だと言えます。

DX人材を獲得する際に、社内でDXに関する教育を行う場合は、業務時間内にDXの教育を行うことになるため、業務にも労働者にも負担を強いることになります。また、DXに関する技能や資格を持った人をリクルートする方法がありますが、ただ資格を持っている人を採用すれば良いという話でもありません。

そこで、DXコンサルティングにDX人材の確保を依頼すれば、負担を最小限にして課題を解決しやすいと言えます。

DX人材の確保が難しい場合

DXを推進することのできない理由の一つとして、DXに対する理解不足を挙げましたが、そのせいでどの様にDXの導入を進めれば良いのか、どこからデジタル技術の導入を始めれば良いのかが分からなく、結果としてDX導入が進まないことになります。

そこで、DXコンサルティングはDXの導入だけでなく、DXに対する理解を促し、目指すべきビジョンを明確にする役割も担っています。どこの部分を、デジタル技術でどのように改善できるのか。そして、それに適したデジタル技術の導入を支援してくれます。

競争力を獲得したい場合

経済産業省が、日本企業にDXの導入を推奨している理由の一つである、競争力の獲得。これは、DXを導入することで膨大なデータから新しいアイディアの獲得・市場の穴などを見つけ出し、タイムリーに市場の変化に対応しやすくなることで、高い競争力の獲得が期待できる様になります。

そこで、DXコンサルティングに依頼をすることで、データの活用方法について社内で理解を促し、サポートを受けることで、結果として革新的な新規事業のアイディアを見つけ出し、既存事業においては顧客体験の向上も可能にします。

DXコンサルティングの選び方

答えを探す男

DXコンサルティングが必要な場面について紹介していきましたが、では実際にサポートを依頼するとき、どの企業にお願いしたら良いのでしょうか。全てのDXコンサルティングが必ずしも手助けになるとは限らず、相談に乗れる場合と乗れない場合があります。

よって、自社の状況に適したDXコンサルティングを選ぶポイントについて、ご紹介していきます。

得意な領域で比較する

まずは、数あるDXコンサルティングの中から得意な領域が、選ぶ時の一つのポイントとなります。

一言にDXコンサルティングといっても、相談内容に得意不得意があります。大きく分けると、「システム開発」「サービス・プロダクト」「戦略立案」などの項目があり、どの分野において経験や実績・充実したサービスを提供しているかは、DXコンサルティングを行っている企業によって違います。

なので、まずは自社の状況・課題・悩みについて把握し、DXにおける何に関してサポートをお願いしたいのかを考えます。もしDXを導入した時のビジョンが見えない場合は、システム開発を得意とする企業を選んだり、DXをマーケティングに活用する方法についてサポートをお願いしたい場合は、戦略立案に強みを持つ企業に依頼すると良いでしょう。

実績で比較する

二つ目のポイントは、DXコンサルティングを行っている企業の中で、実績を参考に選ぶことにあります。

実績というのは、DXコンサルティングを行っている企業の信頼性だけでなく、どの業界の企業に支援を行ってきたか、そしてどのような状況・相談内容から支援を行ったかなど、参考にできる情報が散りばめられています。

なので、とにかく有名な企業へ支援したDXコンサルティングを選べば、信頼性は非常に高いと言えます。対して、自社と同じ業界の企業に支援実績のあるDXコンサルティングを選べば、その業界が抱える事情や課題をよく理解し、適切な支援が望みやすくなります。また、先ほどの得意な領域で比較する点にも共通しますが、DXのビジョンを明確にするところから行ってきたのか、それともシステム導入から支援を行ってきたかによって、自社が依頼するべきDXコンサルティングが明確になってきます。

まとめ

今回はDXコンサルティングについて、その必要性や選び方を紹介していきました。

DXの導入は日本企業の喫緊の課題ですが、社内でDXの導入を進められる場合というのは、非常に稀であるように思われます。よって、DXコンサルティングに依頼することで、DXへのビジョンを明確にしたり、どの様なシステムを導入するべきかの支援を期待することができます。

DX導入に関するさまざまな課題の解決につながるため、もしDXの導入に苦労している箇所があれば、今回紹介したDXコンサルティングの選び方を参考に、依頼してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP